カテゴリー別アーカイブ: 未分類

高齢者が多い程儲かる国づくりは出来ないものですかね?

私は別案を・・・

http://www.yomuradio.com/archives/657

“残業しないと勤務時間に仕事をする”という幻想があるのでしょうね・・・まぁ、分からなくもないですが。

現実的には難しいでしょうね。この方のお話、興味深くは聴きましたが、なんだか善意過ぎて。

日本の銀行貯蓄額、労働時間、残業時間、付加価値の少なさ、これらが語ることって、日本人というブランドだと思うのですが、どう思われます?

確かに、他国に比べたらなんだか不器用な国に見えるかもしれない。
でも、その日本人というブランドで飯を食べている人も多い筈。

「ぽたりぽたりと落ちた汗がお金になる」

昔、バイトしていた工事関係の会社の親方が言っていた言葉です。
私、好きなんですよね。この言葉。

お金に稼がせることも出来るし、簡単に得られるお金もある、労働以外の時間を多くしてそこから得られる消費者の活動からヒントを得ていくというスタイルも重要、でも、何かを得れば何かを失う。

山積する問題を取り除けば、山積する問題が出るだけだと思います。

よく、複雑な問題をシンプルにしようとするのを見て思います。複雑な問題は複雑な問題として捉えていかないとならないと。

シンプルにしても、そこで解決出来るのは理屈だけで、本当の問題ってもっと沢山絡み合ってる。それを一つ一つひも解いていくことをしないで、どうして問題が解決したと言えるのでしょうかと。

問題を忘れて後に残して問題化しない、そんな風に、ちょっとずるく想ってしまう。

話、それましたが、逆にすればいいんじゃないですかね。これ?

知恵のある高齢の人が後ろに下がる日本の現状、これを変えることに目を向けたらどうですかね?経営者年齢が世界に比べて高い日本、勤労者年齢平均がどんどん高くなっているようですが、それって良いことでは?

景気をはかるものに、勤労者平均が低いというのがあることは存じていますが、「若い=仕事が出来る=儲かる」みたいなこの図式、取っぱら得ないですかね?

70定年とか、そんな先のコトを考えて仕事していくスタイルを捨てて、老後の人生をもっともっと本気で考えて、絶対に代譲りしないとか、やりたいことを探す、探せる社会にして、死ぬその日まで現役になるように、仕向けられないですかね?社会全体で。

皆が人生のハリを二十年延ばしたら、介護の問題だって減るのでは?
人口の高い割合を占める老人たちがもっと稼いだら、財政問題も減るのでは?
知恵のある老人たちがもっと若い人達に接触するタイミングを増やしたら、若い人達は悩みを解消する機会が増えるのでは?
経験多い高齢者達がゲートキーパーになったら、自殺の問題も減るのでは?
三万人の自殺者に対して、一対一のゲートキープが出来るように、マッチングシステムを発展させてみては?

問題を問題と捉えずに、問題を宝に変えてみることを先ずは考えたらどうですかね?

働かない日本人なんて、他国の人は興味持つのかな。
じとっと真面目に働く不器用で一生懸命な日本人像、

私、このドラマ、好きなんですけどね・・・・どうですか?

 

 

成功するために必要なのは?

うまくいく人とうまくいかない人の16の違い/引用元:ガラパイア不思議と謎の大冒険
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52161003.html

よくあるといえばよくあるのですが、上記から引用してチェック票を作成してみました。

<成功する人の行動>

□1. 変化を楽しむ
□2. 人の成功を望む
□3. 喜びを表す
□4. 失敗した責任を認める
□5. 自分のアイデアを話す
□6.データや情報を共有する
□7. 成功したのはみんなのおかげ
□8. 目標とそれを達成するプランを決めている
□9. 自分の行動を記録する
□10. 毎日本を読む
□11. 様々な視点に立って動く
□12. 常に学んでいる
□13. 人をほめる
□14. 人を許すことができる
□15. やりたいことを常に持ち続けている
□16.常に感謝の心を持っている

幾つチェック付きましたか?

でも、チェックを付けることが大事では無いかもしれません。いえ、その前にやることがあるのかもしれないと感じました。例えば、

□1. 変化を楽しむ。とはいえ、

刺激欲求が旺盛かどうか?それとも「我関せず」的に高みの見物か。それとも、自らが濁流に巻き込まれていることを楽しむことか。それとも、我が子の成長を楽しむかのように変化を愛するか。結構大雑把な質問になってしまいますが、”変化を楽しむ”って良いことばかりな気もしませんが、どうなんでしょうね。

□2. 人の成功を望む

誰でも彼でも悪人の成功すら望むという訳じゃない気がします。善悪の判断が無いとなりませんね。。結構これ重要な気がしました。

□3. 喜びを表す

誰に?自分に?小さく?夜?大きく?ガッツポーズで??

・・・こんなことを全てに考えてみたら、人には成功の基準ってものが存在しているんだと改めて感じました。

自分に合った成功のイメージを持つためには、経験や思考のまとまりが必要とされます。自分にとっての成功とは何か?この一つ一つを真剣に考えることがそれを掴む早道かもしれません。そして、あとは”手段”として、こういったチェック票にチェックを入れていけるようにすれば良いのかもしれません。

混沌とした自分の成功イメージを明確にするために、パートナーとディスカションするきっかけにしてみてはどうでしょうか?

自分マーケティング

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

三年程、フェイスブックを使った
「自分マーケティング」なるものを行ってみました。

チェックインや感想の投稿、
気になった投稿のシェアを欠かさず行い、

客観的に自分のタイムラインを観察して、
「一体、どんなサービスや商品をこの人は買うのだろう」

と考えてみるもの。

意外に色々出て来て面白かったです。
流石に三年間の結論、悪くなかったと言えます。

SNS、ただ娯楽や仕事のネットワークに使うのも勿体ないですからね。
一日の内、何分をそこに投資しているのか、
そう考えながら、自分の行動を消費や手間にせず、
未来の餌に変換する。

・・・そんな貧乏根性も大切かなと(笑)

みやのめ、今年もせっせと働きます。
頑張ります。

よろしくお願いします!!

今年の流行語大賞はなんでしょうね?

【「今の心」と書いて「念」】

“今”って、概念としては分かるけど、
これほど実感することが難しいことって無いと思いません?
感じとしては、物凄い勢いで通り過ぎているのが”今”って言う点ですよね。

この点が繋がり続けて、未来という”期間”になる。
過去に関しては頭の中に入ってしまって、”想い出か記録”に変わってしまう。

「いちずに一本道 いちずに一ツ事」(みつを)

「なにせうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」(ヤバい、誰だったっけ・・・ええと、、、駄目だ思い出せない・・・)

なんとなくわかるのは、過去と未来の交差点で、
その一点だけは、書き換えが出来る場所なのかなって。

過去も未来も決まっていることのような気がするんです。
だって、不可知な未来も、接触不可能な過去も、
書き換えようが無いじゃないですか。

でも、”今”だけは、なんか操作可能な気がします。

その操作権みたいなものをもらったこの奇跡的なカミガカリの瞬間の”今”
をなんとか出来れば、未来だけではなく、過去も書き換えられるのかなって。

つまり、未来に悩んでも、過去に悩んでも仕方ないなって。

大切なのは、本当に”今”なんだろうなって。
この”今”を捕まえることさえ出来れば・・・・

と言う訳で、、、、仕事します。。

「いつやるの?今でしょう!!」

(これが言いたかっただけです!・・・好きなんです。この言葉。)

神様は、結構いろんなところでプレゼントをしてくれている

遅れましたが、土曜日に観て来た
“音楽座”冬公演(東京・銀座2012年12月2日まで)「とってもゴースト」の感想です。 

初演は199?年、記憶を辿るとシーン自体が変わっていたところがあったような(気がします)。昔観た時の主役は石富由美子さんでした。当たり前ですがその頃とは面々も変わり、
今回の主役は宮崎祥子さん。「生きているって、本当に凄いことなのよ」という私の好きな台詞があるのですが、同じ役でも役者が違うだけでこんなにも印象が違うのだなと改めて確認。更には、台詞一つ一つの色も違う。台詞の中にその人の人生が込められる。役者とは、本当に大変な職業だと感じました。

“全てを得た者から全てを奪ってしまった後に何が残るか。”

私にはこの作品はそういう設定に思えます。
井筒監督作品のメッセージでもある「絶望の後に希望がある」とも同じものを感じます。

何もかも無くした主人公が途中途中に吐いていく言葉の重み、
それらをどれだけ理解できるかは、
もしかしたら生きる才能に準じるのかもしれないと思いました。

想像の感情を想像出来る力。

私にはまだまだこの作品の意味は理解出来ないと思います。でも、この作品のラストが示してくれているように、信じて生きた者にはどれだけ辛い現実でもはねのけて、奇跡をもらう権利があるというメッセージ

そこにすがって真剣に生きたいなと思いました。

途中途中出てくる神様としての”光” 明るく強く厳しく優しく、その光を見る程に、

「もしかして、結構いろいろ神様ってこうやって裏でこそこそプレゼントしてくれているのかな」

なんて。

そのプレゼントに気付かず歩いていないだろうか?自問自答が避けられないですね。

ほんと、もっと、ちゃんと生きよう!(笑)

・・冗談なしで、いろいろ考えさせられます。そして口ずさんでしまうメロディー。

音楽座が私の人生の中にあって良かった。半年に一度だけど、絶対に楽しい日があるって思える今の自分の暮らし、けっこー好きです

・・・さぼってないで仕事しよう。ではでは!