カテゴリー別アーカイブ: 反省

ネットとの付き合い方

ネットとの付き合い方
{ネット上の人権侵害相談増加 泣き寝入りせず相談を}
http://thepage.jp/detail/20131206-00000010-wordleaf

少し方向ずれますが、以前のドラマで
『それでも、生きてゆく』という、
被害者家族と加害者家族のお話がありましたよね。
最近では、映画『しらゆき姫殺人事件』とか。

映画『誰も守ってくれない』では、
印象的な台詞がありました。

報道の出元となった取材を行った記者が、
自分の意志を飛び越えて、拡散され、
情報が混乱していく様子を見て、

「最初にボールをけったのは俺の筈なんだ」

情報化社会の怖さを
坂道を転がるボールになぞらえていました。

どのお話にも共通しますが、

“無責任なガヤ達の存在の恐怖”
ネット社会の怖さが見えました。

パソコンやスマホから得たストーリは、
パソコンとスマホと会話しているくらい。

その向こうの人の顔を想像出来る方は、
少ないと思います。いや、出来たら逆に
尊敬します。

ラインはただのアプリだし、
メールはただの機能だし、
FBですらただのウェブサービス。
twitterはあくまでtwitter、人じゃないんです。

もう、リアル飛び越えてしまったんですよね。
だから、分からない。
発信された情報どころか、
自分の発信した言葉の意味すら理解出来てない。

・・・試しに、SNSの投稿した人に
「あの投稿ってどんな意味?」って聞くと分かります。
驚くくらいの情報量と、意味の取り違いに気が付きます。

・・・いい加減な関係にしてしまうのがネットなんですよね。

SNSだろうがなんだろうが、
ネットはただの新聞と思う程度で良いかと思います。
こいつとまともに付き合うのは、難しい。

ネットは完全犯罪的な殺人の道具じゃない

目的は一つ、人の笑顔のツール、手段。
ネットは目的じゃないこと、確認です。

http://thepage.jp/detail/20131206-00000010-wordleaf

もう半歩で夢が叶うかもしれない。


分け登る麓の道は多けれど同じ高嶺の月をこそ見れ

真っ暗闇な山を一人登る中、彼方此方から「こっちは楽だぞ」と甘い声が飛び交う。。。

幻聴で、本当はもう頂 寸前かもしれない。

無駄って、信じない時間のことなのでは?

フラフラと彼方此方と良いところ取りをしていても、それほど都合良くは行きませんよね。
大事なるは、己が道や己が信じたモノを信じて進む努力かなと。

一歩がダメなら半歩ずつ。半歩が駄目なら明日から。
耐えて進んでにじり寄って、諦めずに己が足を運ばせる。

コンビニな道を歩む人を見かけたら、その方の影を見て見るべきだ。
汗かいて進まぬ辛そうな方を見かけたら、その方の未来を見て見るべきだ。

全て同じ場所に向かっているなら、

安心して、気楽に進もうじゃありませんか。
自分のペースでも、他人のペースでも。

だって、もしもですよ、

自分の経験値が全てなら、もう成功している筈だと思いません?極楽にいる。

でも、実際がそうじゃなかったら?=自分の経験値なんて役立たずだってことですよね。

他人の甘い声に誘われた時に、「これは俺の経験上、良い導きだ!」なんて思ったら、

行かないのもいいかもしれません。「甘い声に導かれても平気なくらいの経験値を持っているか?」

結構、重要かなと。先ずは、己が道を己が信じたように突き進んでみる。

足場を固めて見る。そしたら、もしかして、「あれ?もう頂上?」なんてあるのかも。

仏は多けれど、信じるは一つなり。

沢山の教えを学びながら、信じる道は一つ。

だから、先ずは、進んでテストするしかないんですよ。

と、日々雑感。

子供に負ける訳にはいかない。

写真は今日会ったお嬢ちゃん(小学四年生)がくれたもの。薔薇だそうだ。軽くこんな複雑な折り紙を作ってくれたこの娘、驚いたのは観たい映画の話から。

「相棒!」

と楽しそうに話し、その後

「この前の映画の内容はね・・・」

と相棒の複雑なストーリをいとも簡単に説明していく。しかも刑事の役職まで言いながら

「・・・という訳で殺してしまうのね。でも殺した本当の訳はね・・・」

・・・ええと、私が今喋っているのは本当に小学四年生ですか?・・・水谷豊もまさか、この長いドラマをwikiを食い入るように読んでいる小学四年生の顔は想像出来まい。
ああ、久々焦りました。同じ物を観た時に、あそこまで細かく説明出来るのか・・・うにゃ、出来る!・・・その後、一緒にiPadでホッケーゲームを。汚い手・・・いや、戦略を用いてほぼ私の勝ちの筈でしたが、他の子供に邪魔されて負けました。まあ、ほぼ私の勝ちと言っても過言じゃないですね。

・・・「大人げない!」と叫ばれましたが、何を言っているんだか。大人はこういうものだ!・・・やめましょう、自分が小さく思えて来ます・・・情

そんな様子で「ママ校!(小山市彩華)」を楽しんできました。ママさん達というより、、、子供達に遊ばれてきた、そんな感じです。

ママ校!次回は、
4月11日(宇都宮市 ララ・カフェ)
4月25日(小山市 彩華)

です。ママさん達、お子さん連れてどうぞ遊びに来てみて下さい。楽しいですよ^^

離見の見

『見よう』と意識を働かせない限り、
見えない人には一生見えない世界がある。
離見の見とは、よく言ったものですね。
一日一ミリでも、アイスパンを広げて行こうと意識して半年。
いかに自分の目が狭かったか、反省の佃煮です。

この時期に感じた事。

年末調整やら何やらと経理関係が慌ただしいです。

例えば営業さんが1人動くためにも、色んな人が支えてる。
事務や経理、会社の方向を決める上の人達、他にも営業が持つ車、
携帯、パンフレット、会社の中の誰かの時間を投資しているようなもの。

私が動くためにも、周囲が沢山助けてくれている。

一挙一動、無駄にしたく無いですよね。

まだまだ。またまた、