カテゴリー別アーカイブ: お金の話

2,000万円の家を0円で購入する方法/お金の話(全三回)

新規住宅を考える奥さま必見・・・とは言いませんが、最近興味を持っているゼロエネ住宅を利用して、家をゼロ円で購入する方法は無いかシミュレーションしてみました。無論、ただの支払先の変更なだけなので、支払がし易い購入方法を考えてみただけです。

先ずは2,000万円(写真)をよーくイメージしましょう・・・

 

①まず、ベースになるゼロエネ住宅を仮に2000万円とします。

②この家に太陽光発電システム6kW(仮案)300万円を載せます。

 

※売電は現在だと月当り25,000円程度期待でき10年間保証されます。

ただその後は単価が下がるでしょうから全期間をざくっと平均化して

月当りを20,000円の売電価格と仮定します。

 

③これで2000万円+300万円となりますが、住宅建築に際して諸費用がかかります。

敷地由来の給排水工事や多少の外構、登記などなどを1割程度見込み、

総額で2500万円と想定してみます。

 

④では、この2500万円を例えば金利1.54%の全期間固定20年として借り入れると

ローン支払総額29,063,040円、月々121,096円(ボーナス加算なし)となります。

※ローン諸費用はこれとは別に必要になります。

 

⑤太陽光の売電を支払いに充当することで月々121,096円→101,096円

ゼロエネ住宅の場合、通常の住宅より光熱費が5,000円安くなるので、

光熱費の浮いた分を充当して→96,096円/月×20年

⑥太陽光発電により月々20,000円程度の収入

元々の(あるいは通常かかるはずの)光熱費(固定費)に対して5,000円程度安くなる見込みのため月々マイナス5,000円。一般的な住宅ローンの支払期間である35年分として考えてみると25,000円×12ヶ月×35年=10,500,000円。もちろん厳密にはその間の維持管理ということもありますが、単純計算で25,000,000-10、500、000円=14,500,000円ですから、35年×月35000円程度。(15万円くらいの家賃なら10年弱で元が取れることになりそうですね。)
現実的にはもう少し厳しい条件になるのかもしれません。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

さて、ここからです。

ゼロエネ住宅は確かにエネルギーを使わないので入ってくるエネルギーをお金に変えてくれます。よって、お金を稼ぐ家ではあっても、まだ力不足。なぜならイニシャルコストがかかり過ぎている。

家を購入したのではなく、投資をしたのだと考えないとなりません。つまり、回収です。

上記の計算だと、ローン期間は賃貸として償還を考慮して20年にします。

96,096円/月×20年 以上を稼ぐ家に仕立てないとなりません。

 

ローン諸費用、維持管理費、は家購入に関するものとしましょう。

ガス代水道代は入れません。

合計して、10万円/月程度にしてみましょう。

 

>>>飲み屋さん、セミナールーム、勉強塾、仕事部屋、作業部屋etc・・・

 

月10万円を稼ぐ事を考えた家の作りであれば、どうでしょうか?

旦那さんは外で、奥さまは中で子どもと暮らしながら家の作りを利用して稼ぐ。

例えば、うちを事務所等にして、テナント代金の払い先を外ではなく自分にする。

人が集う場所として週25000円以上入るための策を考えるでもよい。

週25000円以上で誰かに貸し出す事が出来る場所があってもよい。

因みに、カラオケハウスは一時間1000円くらい。

インターネットカフェは・・・結婚相談所は・・・・

高齢化社会、お爺さんおばあさんとの集いの場所は・・・

 

週25,000円以上を自分が創造した”場”の力を借りて稼ぐ自信はありますか?

因みに、私ならば・・・・内緒です。

 

 

一日3,000円ちょい or 週25,000円 or 月100,000円を稼ぐ家造りさえ出来れば、

 

家のローンに苦しむ事は無い。だって、それはただの経費だから。投資だから。

 

他の土地に住みたくなったら・・・・貸し出す事を考えると良いかもですね。

「住処+何かの施設」が、10万円で貸せるかどうかを検討!

 

・・・・生活に一番かかるお金、家・車・ローン。

 

幾ら稼ぐかよりも、幾らかからなくて済むか、そんな暮らしに興味を持ち、

わざわざゼロエネ推進をしている工務店様に協力をいただき、計算してもらいました。

ありがとうございました。私も本気で考え中です。

興味があったら、是非行って見て下さいませ→資料協力:ハッピーハウジング

 

次回は・・・”保険?”ってことで、払い過ぎチェックを取材中!