ネットとの付き合い方

ネットとの付き合い方
{ネット上の人権侵害相談増加 泣き寝入りせず相談を}
http://thepage.jp/detail/20131206-00000010-wordleaf

少し方向ずれますが、以前のドラマで
『それでも、生きてゆく』という、
被害者家族と加害者家族のお話がありましたよね。
最近では、映画『しらゆき姫殺人事件』とか。

映画『誰も守ってくれない』では、
印象的な台詞がありました。

報道の出元となった取材を行った記者が、
自分の意志を飛び越えて、拡散され、
情報が混乱していく様子を見て、

「最初にボールをけったのは俺の筈なんだ」

情報化社会の怖さを
坂道を転がるボールになぞらえていました。

どのお話にも共通しますが、

“無責任なガヤ達の存在の恐怖”
ネット社会の怖さが見えました。

パソコンやスマホから得たストーリは、
パソコンとスマホと会話しているくらい。

その向こうの人の顔を想像出来る方は、
少ないと思います。いや、出来たら逆に
尊敬します。

ラインはただのアプリだし、
メールはただの機能だし、
FBですらただのウェブサービス。
twitterはあくまでtwitter、人じゃないんです。

もう、リアル飛び越えてしまったんですよね。
だから、分からない。
発信された情報どころか、
自分の発信した言葉の意味すら理解出来てない。

・・・試しに、SNSの投稿した人に
「あの投稿ってどんな意味?」って聞くと分かります。
驚くくらいの情報量と、意味の取り違いに気が付きます。

・・・いい加減な関係にしてしまうのがネットなんですよね。

SNSだろうがなんだろうが、
ネットはただの新聞と思う程度で良いかと思います。
こいつとまともに付き合うのは、難しい。

ネットは完全犯罪的な殺人の道具じゃない

目的は一つ、人の笑顔のツール、手段。
ネットは目的じゃないこと、確認です。

http://thepage.jp/detail/20131206-00000010-wordleaf

もう半歩で夢が叶うかもしれない。


分け登る麓の道は多けれど同じ高嶺の月をこそ見れ

真っ暗闇な山を一人登る中、彼方此方から「こっちは楽だぞ」と甘い声が飛び交う。。。

幻聴で、本当はもう頂 寸前かもしれない。

無駄って、信じない時間のことなのでは?

フラフラと彼方此方と良いところ取りをしていても、それほど都合良くは行きませんよね。
大事なるは、己が道や己が信じたモノを信じて進む努力かなと。

一歩がダメなら半歩ずつ。半歩が駄目なら明日から。
耐えて進んでにじり寄って、諦めずに己が足を運ばせる。

コンビニな道を歩む人を見かけたら、その方の影を見て見るべきだ。
汗かいて進まぬ辛そうな方を見かけたら、その方の未来を見て見るべきだ。

全て同じ場所に向かっているなら、

安心して、気楽に進もうじゃありませんか。
自分のペースでも、他人のペースでも。

だって、もしもですよ、

自分の経験値が全てなら、もう成功している筈だと思いません?極楽にいる。

でも、実際がそうじゃなかったら?=自分の経験値なんて役立たずだってことですよね。

他人の甘い声に誘われた時に、「これは俺の経験上、良い導きだ!」なんて思ったら、

行かないのもいいかもしれません。「甘い声に導かれても平気なくらいの経験値を持っているか?」

結構、重要かなと。先ずは、己が道を己が信じたように突き進んでみる。

足場を固めて見る。そしたら、もしかして、「あれ?もう頂上?」なんてあるのかも。

仏は多けれど、信じるは一つなり。

沢山の教えを学びながら、信じる道は一つ。

だから、先ずは、進んでテストするしかないんですよ。

と、日々雑感。

次は15年と4カ月でしょうか?


There is more to life than increasing its speed.

“バランスを保つ”ってとても難しいですよね。

理想と現実の狭間でバランス感覚を養うことが人間的な成長だそうです。

長期休暇後、二倍速、三倍速で動く人達に圧倒されます。
でも、気が付くと、その何倍もの速度に自分が変わっています。

“自分のペース”

社会と自分のバランスを取ること、その考えを固めること、大変ですよね。

嫌われる覚悟で自分の速度を守る人もいます。
自分の速度に合うように世界を変えるような人もいます。

でも、どちらもどうなんでしょうか。

「ペース遅くして!」誰かが叫んでも、
もうランニングハイなこの世界の速度が緩むとは思えません。

Change before you have to.

とはいえ、変革自体がもう、「進み切る」という変革しか無い気がします。

20年前の国連の環境会議で12歳の少女の発言、有名ですよね。
「元に戻す方法を知らないなら、これ以上壊さないで。子供たちを愛してると本気で言うなら、それを行動で示してください。」

今、目の前に降る雨も雪も、酸素も、地球の中の話です。

どこかの国の空気が汚れれば、地続きな以上、いつか必ず今吸っている空気がいつか悪くなる。

「地球人はこう進むべきさ」

というガイドラインも無いまま、ただ、やみくもに個々が個々の速度で影響し合って進んでいる。
ぶつかっている。これは、もう、速さというより、クラッシュですね。

“軽挙妄動”という言葉があります。
なにも知らない人間がちょこまかするとろくなコトが無いんです。
大局を抑えた人間の指示を待たないと、組織はろくなことがないんです。

地球と言う組織のリーダーは、一体誰なんでしょう。

There is more to life than increasing its speed.

高度成長期を過ごせば、速度を上げるばかりが人生のように思えます。

ゆとり世代として過ごせば、次第に何かが生まれるのをじっと待つことが人生かもしれない。

どちらにも属していない私達の年代は、その両方に挟まれながら、「どちらが本当か分からず」右往左往している気がします。

ただ、そんな板挟みの感覚で言えば、ビジネスだろうが環境だろうが暮らしだろうが、
ちょいと、慌て過ぎな感がありますね。

もうとっくに過ぎてしまいましたがた、”2012年12月22日に地球が・・・”というのがありました。
タイムウェーブ・ゼロ理論という「段々に地球の時間が加速していき、まるで栓を抜いた流し台の水の渦のように、吸い込まれていく」ーというとんでも理論。

この中で面白いなと思ったのが、「イベントフラグがどんどん間をつめていき、ワールドレコードなどの更新がどんどん早くなる。」というもの

ソフトバンクが33年で成し遂げたことは、例かもしれない。
118年、65年、33年、次は15年と4カ月で一兆利益越えの会社が出てくるという計算でしょうか・・・

・・・そしてこんなこと、良いわけがない。

わずか数十年で世界が変わっていったら、誰も真ん中を見つけられなくなってしまいますよね。

昨日は赤信号で進むなって言われたから、赤信号で進んではいけないって言われた人の気持ちを聞いていて、そのためにどうしようか考えていて、行動を始めたら、赤信号でも進んでよいことになってる・・・

・・・一体、誰が誰を守るかも分からなくなりそうです。

速読しても感情は追い付きません。だから、本当に本を楽しみたい時は、じっくりじっくり読むべきだ。

情報化社会がもたらした現象ですね。現代って、理屈ばかりが先に立ち、何か、大事なものを置いてきている。

でも、そういう大事なものが一緒に歩める速度、それが、理想の速度じゃないかなと思います。

体温くらいの速度で歩むには、少し世の中の方がホット過ぎる。

少し、冷めていただきたいですね・・・。
江戸時代は、世界の歴史上もっとも優れた生活環境だったそうです。戻れはしませんが、そういうバランスの取れた時代が、いつかやってくるといいですね。

成功するために必要なのは?

うまくいく人とうまくいかない人の16の違い/引用元:ガラパイア不思議と謎の大冒険
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52161003.html

よくあるといえばよくあるのですが、上記から引用してチェック票を作成してみました。

<成功する人の行動>

□1. 変化を楽しむ
□2. 人の成功を望む
□3. 喜びを表す
□4. 失敗した責任を認める
□5. 自分のアイデアを話す
□6.データや情報を共有する
□7. 成功したのはみんなのおかげ
□8. 目標とそれを達成するプランを決めている
□9. 自分の行動を記録する
□10. 毎日本を読む
□11. 様々な視点に立って動く
□12. 常に学んでいる
□13. 人をほめる
□14. 人を許すことができる
□15. やりたいことを常に持ち続けている
□16.常に感謝の心を持っている

幾つチェック付きましたか?

でも、チェックを付けることが大事では無いかもしれません。いえ、その前にやることがあるのかもしれないと感じました。例えば、

□1. 変化を楽しむ。とはいえ、

刺激欲求が旺盛かどうか?それとも「我関せず」的に高みの見物か。それとも、自らが濁流に巻き込まれていることを楽しむことか。それとも、我が子の成長を楽しむかのように変化を愛するか。結構大雑把な質問になってしまいますが、”変化を楽しむ”って良いことばかりな気もしませんが、どうなんでしょうね。

□2. 人の成功を望む

誰でも彼でも悪人の成功すら望むという訳じゃない気がします。善悪の判断が無いとなりませんね。。結構これ重要な気がしました。

□3. 喜びを表す

誰に?自分に?小さく?夜?大きく?ガッツポーズで??

・・・こんなことを全てに考えてみたら、人には成功の基準ってものが存在しているんだと改めて感じました。

自分に合った成功のイメージを持つためには、経験や思考のまとまりが必要とされます。自分にとっての成功とは何か?この一つ一つを真剣に考えることがそれを掴む早道かもしれません。そして、あとは”手段”として、こういったチェック票にチェックを入れていけるようにすれば良いのかもしれません。

混沌とした自分の成功イメージを明確にするために、パートナーとディスカションするきっかけにしてみてはどうでしょうか?

Recently TOCHIGI ワクワクしたものを集めてみました。


3400人で踊る矢板。

 

宇都宮初のフラッシュモブ。

 

栃木県を舞台にNHKドラマ。