オープンデータ 日光

H:http://tochigiken.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=multidatabase_view_main_detail&content_id=86&multidatabase_id=2&block_id=12#_12

S:日光市_馬返のトラフィックカウンター? http://www.yokanbeya.net/tochigi/opendata/index.php ←これと一緒?

H: 一緒

S: そもそもデータってなんでこう見えにくいのだろう。

H: 正確には細かい所で違う

S: 細かいところ??

H: データがダブってる所があるんだよ

S: ああ、なんでこう、あっちやらこっちらでデータが出てくるんだ。統一すればいいのにね。情報がもっとこうストレートに見えればいいんだけど、これじゃ抽出側も大変だよね。

H: トラフィックデータ(交通量の方ね、サーバとかのトラフィックじゃないよ) は機械的に取得するので、仕方ない。

S: ん? あの交差点とか道路の脇でカチカチやってる人じゃないの?

H: いやいやいやいや。このデータみると、正月0時からのデータがあるでしょ。冬の日光のしかも真夜中に、いろは坂の起点でカチカチやってるの?

S: そか・・・大変だな・・・・って訳じゃないのね。

H: なにで取ってるかはわからないが、なんらかの装置で機械的にとってる

S: 見・・・・・見にくい

H: この車線の上り、下りが、どちらの意味かがわからなくて。どちらの意味と言うのは、いろは坂に「上る」といろは坂から「下る」の意味と、東京方面の「上り」と、東京方面からの「下り」の2通りの考えがある

S: 県庁にや都心に向かう上ると下りか。日光→馬返(下り)馬返→日光(上り) じゃないかな

H: 日光って市街地?ここも日光なんだけど、普通に交通情報だけをとらえれば、東京に行くのが「上り」、東京から遠ざかるのが「下り」なんだけどこれを見てほしい。 http://www.pref.tochigi.lg.jp/h53/documents/h23tyuuguusigaiyou.pdf

S: 電話して聞いてみよう。ちょいまち。。。。。県土整備部交通政策課さんに確認。120号 日光市方面が起点。下る方が上がり。上がる方が下り。

H: 他のトラフィックデータでも「上り」「下り」は存在するので、間違いなく東京方面が「上り」、中禅寺湖に向かうのが「下り」だけど、この地点だけなぜか違うって可能性も万に1つぐらいはあるか

S: これ、視覚化出来ないかな。ちょいと判断しづらいね

H: ので、https://www.yokanbeya.net/tochigi/opendata/ これを作った

S: 「ややこしくてすみません」と言われた

H: 言語統一はしてほしいね。

S: 多分、修正されるんじゃないかな。同じ質問は嫌だろうから。

H: 注意書きに書いてほしいね

S: 欲しいね。でもさ、データ作成側というか、データって本来数値の固まりだから、ものいわないんだよね。「現在の基本概念にそって、こういう数字があります」ってだけだものね。視覚化だって、グラフが何種類もあるのも、人によって視点が違うからだろうから、グラフの時点でデータ側からすれば人の視点による加工になってしまうのかなと思う

H: このオープンデータにグラフ情報が必要と思うか? っととわれれば、俺は不要と答えるよ

S:同感。大事なるのは、そのデータの羅列をどう自分が捉えるかなんだろうし。本当に活用したい時は、自らが見易いグラフにしていくべきだと思う

H: 行政がそこまでやる必要はない。このデータに不満があるとすれば、データ数が少ない所

S: 例えば?

H: まともに入ってるのが、平成24年1月1日~平成26年5月19日まで

S: 二年か。

H: 年間通してあるのは、平成24年と平成25年のデータってこと。情報としては少なすぎる。それでも、ある程度の目安にはなるけどね

S: うん、まあ、無いより遥かにね。

H: 紅葉シーズン(10月~11月)のいろは坂は、紅葉を見に行ってるのか、渋滞している車を見に行ってるのかが分からないって状態でこのオープンデータは、渋滞回避には非常に役に立つ。紅葉見にいくとか、中禅寺湖でワカサギ釣りにいくとかで、10月は何度かいろは坂通るけど

S: 14時~18時は、ちと厳しいね

H: と言っても、このデータが出る前から、経験則的に、紅葉見に行くのなら6時前について午前中撤収、ワカサギ釣りなら、6時前に付いて、16時までつり、近くの温泉で時間を潰して、20時頃撤収ってのをやってる

S: 結構、完璧だね。経験則に勝てる者は居ないか。平日土日、どれを通じてもどうやらそれが良さそうだ。10月~11月で「この日に行こう!」ってなったらいつだろう?

H: それは、紅葉がどうなっているかによると思う

S: 10月7日~11日をみてみると、両年、土日はえらいかんじだね。一時間1000台?2012年の10月8日とか、

H: 2012年10月8日17時東京方面が942台だね

S: 土日においては、19時まで混んでるね。一時間1000台って、混んでるのかスムーズなのか分からん

H: 1分間に15.7台が通ったことになる。めっちゃくちゃ混んでる。3.8秒に1台車が通る。

S: こうなると、日光ドライブの楽しみ方は、どれだけ紅葉シーズンであっても、朝方主体にすれば十分楽しめるってことになる

H: 逆かもしれない。みてみると、中禅寺湖方面が混雑するのは、午前中が多く、東京方面が混雑するのが夕方が多い。とすれば、午後中禅寺湖方面に向かい、夜戻るってのも1つかも

S: あ、よく見たら、確かに、朝6時の時点で、400台とかある。11月3日なんて、7時の時点で800台が中禅寺湖に向かってるね。てか、11月4日は、午前中で既に激。17時をこえて途端に緩やかだ

H: そう、夜帰るのが良い。だけど、奥日光は遊ぶところが無いので、困る

S: そうか、渋滞を回避して土日の朝に向こうに着いたとしても、夜まで潰すところが無いのか。だから、この早々帰りになるのかな。日光のコンテンツがもっと増えたら、帰り時間のラッシュは遅くなるってことかな?

H: 不思議なのは、日帰り温泉とかあるのに、人が余りいない。時間を数時間遅らせれば、渋滞のいらいら無くなるのに、渋滞が嫌で行かないというのもあるからな。

S:でも、行ったら行ったで癒されるんだよね。 むしろ、住みたいとか思う。

H: 自然が豊かだからね。10月11月のピーク時ばかり目が行くが、面白いのは、1月

S: ほう。交通データとしては、人の入りはそれほどないね。この月に何かあるんだっけ?

H: 1月1日の夜間交通量が、普通の日にくらべやや多い

S: 紅葉シーズンの五分の一ってところだけど、確かに一日は午後から増えてるね。二日、三日、四日もだ

H: 0時~6時までみると、1月1日が1時間30台通るのに対し、1月2日になると10代も通らない

S: 深夜一時から三時くらいまでなんだか車が通ってるね。合計で100台以上は向かっている。他の日に比べて、この1日深夜には何かあるみたいなのは予想出来るけど。ただのお参りとかそんなんじゃなくて?

H: 恐らくは、初日の出を見に行ってるのかと思う

S: 初日の出か。どうも、初日の出って海を考えるけど、栃木は山なんだから、日光は当然か。どこで見られるんだろう?

H: 奥日光 初日の出 でググると結構でてくるね。観てるだけで寒くなる。ざっとしらっべて見たら、1月の奥日光の平均気温 -4.1度、最高気温 -0.4度、最低気温 -8.1度

S: 年の最低気温は栃木は全国40位。意外に寒いんだよね。

H: 最低気温は夜明けごろだから、日の出を見るときが一番寒い。

S: 湿気も全国中堅だし。肌寒さが一番身にしみるときじゃないかね。奥日光の初日の出か、荘厳な感じだ。年の始め、発心するならこういう厳しい場所でってのはいいね。少なくとも景色はすばらしい。

H: 俺はこたつでぬくんでたい

S: 日光の交通量が最も少ない日や月はいつだろ

H: 平均出してみないとわからんね。こうしてみると、色々不足してるね

S: 12月と1月、この辺が少ないのだけど、ただ、変な動きがあるね。2月で見ると、2014年の数値がやたら多い。2013年の2月10日とか、2月20日~22日、25日前後と、異様に多い。これは、秋のピーク時に並ぶ。

H: しかも乗用車だね

S: そうだね、三月もそうだ。2014年の3月15日までの土日付近、これも多いな。それ以降は例年通りとなっている。2014年の4月はちょいと落ち込んでる様子だね。

H: 単純にデータを月別に合算したところ、12月が一番少ない。次いで2月、1月

12    |  322257

02    |  352594

01    |  379550

03    |  446764

06    |  495328

09    |  537727

07    |  546911

04    |  590582

11    |  644041

10    |  788774

05    | 1014935

08    | 1098127

H: 実は、10月11月よりも5月8月の方が、交通量が多い。あっ、でもこれただの合算だから、やくにたたないな、2012年と2013年だけにしてみるか

S: https://www.yokanbeya.net/suzuki/php/opendata/month_graph.php これの一番下のグラフで月別に見ているのだけど、どうやら完全に一つの流れがあって、10月11月は平日が少ないんだ。これは、休みの関係かな?GWとか夏休み

H:

02    | 209718

01    | 222322

03    | 247040

12    | 322257

04    | 391191

06    | 493759

09    | 536905

05    | 537340

07    | 546911

11    | 644041

08    | 746611

10    | 788774

H: 2012、2103年データ合算を月別に出した

02    |  63825

01    |  71507

03    |  73953

12    | 158465

04    | 193000

06    | 248850

05    | 265408

07    | 278707

09    | 279617

11    | 331244

08    | 382668

10    | 429667

H: これが2012年

02    | 145893

01    | 150815

12    | 163792

03    | 173087

04    | 198191

06    | 244909

09    | 257288

07    | 268204

05    | 271932

11    | 312797

10    | 359107

08    | 363943

H: これが2013年

S: 10月8月はどっこいどっこい

H: 10月はわかるが、8月はなんだろ?

S: 8月は慢性的に多いね。: https://www.yokanbeya.net/suzuki/php/opendata/month_graph.php

H: 夏休みだからか?

S: お盆時期とかは凄いな

S: 夏休み明けの土日も。

H: お盆に奥日光?

S: 夏休み最初の土日周辺もだ。家族連れが多いんだね。

H: 夏場は行かないからわからなかったが、紅葉シーズンとほぼ同じだね

S: とはいえ、トータルで見ていくと、十月は平日が少ないし、11月は寒さと同時に右下がりになっていく

S: 恐らく、壮年の方の動きだね。

S: 社会人主体の数という印象が10月から感じるし、11月は寒さに比例して減っている。8月とかは暑い夏の子供たちの遊び場として利用されているのかな。

H: なるほど、12月~3月の寒い期間は避け、連休や夏休みなどある5月7月8月が増え、紅葉シーズンの10月、11月上旬がピーク

H: といったところか

S: 10月11月は土日ね。そして、中禅寺湖方面と東京方面の数値の差を見ると、約1000人位は宿泊している感じだね。

S: 行きの台数より帰りの台数が大体そのくらい違う。

H: そうとも限らない。いろは坂以外にも降りる手段はある

S: ああ、そうか。別路があるのか、高速か。

H: いやいやいやいや、高速はいろは坂の前まで。金精峠を抜け群馬に行く道と、もう1つ細い道がある。

S: そこに1000台の差が生まれるのかな、

H: 宿泊もあるだろうけど、宿泊数のデータがあると、色々見えそうだが、どこかにないものか

S: 日光駅からバスとか出てないの?

H: 電車の乗り降り人数か。外人さんでツアーじゃない人は、電車だろうね。: http://railway.tobu.co.jp/guide/station/info/3215.html
http://storestrategy.jp/m/?category=1&pref=9&order=D7

S: 乗り降り数ってことは、半分が来る、半分が帰りなのかな。乗降客数(日) 2,593人。車の台数の日別平均(基準)と照らして、乗降客数を日ごとに足したり減らしたり出来れば、車の乗車人数平均と合致させて、車で来た人+電車で来た人で、時間や日での「現在の日光の人の数」が出せるのではないかなと。歩いてくる人や自転車でくる人は計測しようが無いけど。

H: 住んでいる人もいるから、なんとも言えないデータだよね。月単位で出してほしい

S: 確かに。まあ、こうやって見ると、オープンデータからかなりのことが分かるね。人集うのは何かの目的があってのことだろうし、日光には年の中で数十回に及んで人を呼び集める自然天然イベントがあるってことだ。観光がそれに助力して、数字がかさんでいるんだろうなと。ただ、逆にその分、「何もなければ行かない」これはちょいと問題だと思う。いついっても日光を感じられるわけじゃない。その日やその時期を逃したら終わり、というのは、観光地としてはかなり問題あるのでは。

H:「いつ行っても日光」てか

S:そうならないと、ほんとの観光地とはいえんのではないかね。京都や奈良や東京や北海道、どこも、いついってもそこであるわけだし。

H: 京都、奈良の観光地は、言わば人工物を見に行く所だしね。京都の紅葉がよくても、それは人工的に良いとされる所に植えたもので日光の自然豊かな紅葉とは、別枠

S: うん、てかさ、住んでる人は違うと思うのよ。こんな風に来たり来なかったりじゃ、商売で発展するのって限界があるというか、これ以上の人口は望めないよね。観光者=商売=人口 の図になってしまう。現状、交通データと電車のデータを見る限り、頭打ちなのかなと。であれば、何も無い時にもっと人を呼ばないとならんのではないかなと

H: あの極寒の中、商売するの?

S: ・・・ってことになるね。それが売りになる方法とか無いのかね。発想逆転で。

H: 寒い中、人が多ければ商売すると思うね。修行とか?

S: 海外には忍者修行のために日本に来る人もいるらしいからな・・・・

H: レジャーじゃ他でも良いもんな。山伏修行

S: ほんと、そうなるよね。でも、それなら年がら年じゅう出来そうだな。

H: ほんの少しの物好きだけだね。自然相手なのだから、自然を尊重した方が良いのかもしれん

S: うん。でもさ、普通の飲み屋に行っても思うけど、ノーゲスト時間ってなんか勿体ないんだよね。商売だから浮き沈みあるからとは言うけど、マックス時間にマックス商売って疲れると思う。それであれば、安定的に確実に人が来る何かをコアに持っていた方が、準備も出来るし成長し易いと思うのだよね。

H:確かに、今の日光のストーリって、秋の紅葉とか夏の山歩きとか湖とか。それよりも、普段こういうことでお客さんが来る日光ですが、秋や夏には更にこうなります!ってのが良いとは思うが・・・冬はお勧めしません

S: いや、でもさ、歌とかだと、サビよりも導入に力を最も使うのよ。AメロとかBメロに。サビは誰が謳ってもよく出来るから、導入にしっかり力を入れる。そうすると、サビが更によく聴こえる。季節のイベントがもしもサビなら、そこまでの導入にもっと力を入れた方が良いと思うのだ。どうも、そこが弱い気がするな、この交通量を見ていると。日光に住めないよね、新規では。

H: いやね、親父が、昔中禅寺湖付近で住んでいたことがあって人は住んではいけない場所だと思った。冬場は、別世界。

S: 本当に、山伏の世界だな・・・勝道上人体験ツアーか!・・・・・・

H: それも考えてみたけど、たぶん、死人が出る。。。

S:ふむ・・・

H:まあでもあれだ、あんまり一生懸命売り込むのも理屈から外れるよ

S:というと?

H:「売れてません」って叫ぶようなもんだ

S:ああ、よくあるけど、振興県とか謡うのは良くないと思うね。振興していることが売れてしまっても意味がね。

H:海外の人達に優しいのもどうかと思う。

S:なんで?

H:分かりやすくてどうなんだと。「見る?」くらいのチら見せが、一番魅力を高めるのではないかね。

S:確かにね。「修行してみる?」

H:・・・ない。

S:・・・開山せよ