肯定も否定もしないで欲しい

ALS支援:アイス・バケット・チャレンジ発案者が事故死

氷水をかぶって難病患者を支援するチャリティー活動「アイス・バケット・チャレンジ」の発案者の一人、コーリー・グリフィンさん(27)が米マサチューセッツ州の海で溺れ、16日に死亡した。米メディアが21日までに伝えた。

筋萎縮性側索硬化症」(ALS)の社会的認知を広めるために,世界で広がりを見せている「ALS アイス・バケツ・チャレンジ」
タレントの力をまざまざ感じる。が、このリンク、永遠続くのだろうかと思うと、こんな動きが。

“金城武為漸凍人之冰桶挑戰”

 

こういった活動であろうと、なんであろうと、「認知度」は大切。分からないと動きようはないのですから。
世の中全体「知らせたもん勝ち合戦」みたいなものだと思う。そういうことに、タレントやスターと言われる人達の力は絶大。
光って輝く人達の流れを受けるのだから、バトンが回れば嬉しいだろう、チャレンジするだろう。

「ところで、ALSって何?」そう思いながらバトンを受け取り、そのことがなんだか分かってないものもいるかもしれない。

以下は、一般社団法人ALS のサイトから引用

「ALSアイス・バケツ・チャレンジ」ご寄付のお礼と報告

「ALSアイス・バケツ・チャレンジ」は、難病ALSを克服するチャリティ運動として、
アメリカから世界中に広がりを見せています。
当協会では、このイベントが、これまで難病ALSを知らなかった人に関心を持って頂くきっかけになり、
ALSへの理解や支援の輪が広がっていると感じています。

また沢山の方からのお問合せやご寄付のお申し出に対し、心より感謝いたします。
頂いたご寄付は、ALSの原因究明や治療研究および、患者家族への支援活動のために、
大切に使わせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

大丈夫、皆の行動は確かに形になり、成果が出ている。

1995年、泉谷しげるが阪神淡路大震災の時に、
「売名だよ!偽善だよ!文句あるか?募金しろ!」
とステージの上で言い放つ姿をテレビで観たことをよく覚えている。

御託並べてないで、とっとと助けないとならない時がある。理屈は後からで良い。
そういうことは確かにあるんだと感じた。

しかし、「誰かがやっているから私も」というのは、全て行いとして正しいとも思わない。

悪い人が出て来たからいい人となろう では、筋がおかしい。
それでは、ある意味 自分の人生に無責任ではないかと思う。
悪行が現れる前に、善行とは何か説いておくべきだと思う。

今、目の前のご飯を残すか残さないかの問題を、アフリカの飢餓を引用して「食べよう」では、
いつまで経ってもアフリカの飢餓問題も日本の残飯問題も世界の資源の無駄遣いもなくならないだろう。

「誰かに言われたから動く。誰かが動いたから動く。」だけでは、処理出来ない問題が多いと思うがどうだろうか?
全てが自分事にならないといけないでは? 他人事だから、いつまでもその問題達は片付かないのでは?

アイスバケット運動に参加した人達も、それを参加しなかった人達も正しいと思う。
ノッテおく時と、自らが選択することを大切とする時と、両方が必要なのだと思う。

幾ら募金がされたかは知らないけど、どれだけの方がこのALSのサイトを見たのか、それが気になる。

そして、タレントやスターの動きに翻弄されて、自分の行動が間違っていたのではと思う人がいないことを願いたい。

泉谷しげるに「募金しろ!」と言われて募金したあの時の少年も、
この運動を遠くから見ていた中年も、どちらも正しいと思いたい。

アイスバケット運動の発案者は、世の中へ問いかけただけではないだろうか?

「少し、考えてみてくれないか?」と。

決して、踏み絵をしようと思ったのではない筈だ。

だから、肯定も称賛も否定も反論もしないで欲しい。そう思います。

また、誰かのバケツの水が溜まって、こんな質問を世界に流して欲しいと祈ります。